まつげエクステ専門スクールがあったほうがいい

日本国内には美容専門学校はたくさんあります。

しかしその大半が美容師やメイクアップアーティスト、エステティシャンやネイリストの育成の為の学校になります。それだけの技術を身に付けられることはすごい事だと思うし、最終的には先に述べたどの職種につくとしても、学校ではある程度の技術ができるようにほとんどの美容科目を受けるようになっています。私が通っていた専門学校ではトータルビューティー科という科に属するようになると、エステを専攻してもネイルもメイクも授業はありました。そんな風にトータル的に知識や技術が身に付けられるので、専攻科目以外の検定も取得できたし、仕事としてではなくても個人的にメイクやネイルをする時にはすごく勉強になるようなこともたくさんありました。

しかし私が学生の時は今主流になっているまつげエクステはあまり普及していなかったというか、そんな話も聞いていなかったような感じでした。3、4年前から当たり前のようにまつげエクステが人気になった様に記憶していますが、まつげエクステに関してはこれまでに問題も出ています。消費生活センターには、まつげエクステをしたことにより皮膚トラブルが出たり、目の炎症を感じたりするケースも少なくないような相談が増えていたようです。それはまつげエクステ専門スクールみたいなまつげエクステの知識や技術をきちんと教える場がないのが原因だと思います。専門スクールは少し大げさかもしれませんが、美容専門学校の科目としてまつげエクステの授業を取り入れるべきではあると思います。まつげはすごくデリケートな部分に生えているので、そういった場所を扱う施術者にはきちんとした技術や知識を持っていてもらわないと、安心して施術は受けられません。もしも学校などに通わなかった人がそういったサロンで働くようになった場合はきちんとサロン内で研修を行い、従業員同士が練習台になり技術を習得してからお客様の施術をするべきです。美容というくらいですからお客様の綺麗になるお手伝いをする立場としては、完璧な技術や知識を見せなければならないです。経営をうまくするためには、第一にお客様のハートを掴むような接客が大事になり、特に女性は口コミなどでいい評判もたくさん広めてくれるので、そういうチャンスを得られるように従業員の育成にも力を入れなければなりません。その為には徹底した教育環境が必要になると思います。

Leave a Reply