数mm単位の長さや太さが選べるまつげエクステの豆知識

まつげエクステにも、微妙に毛の色の違いがあります。人には、まつげがブラウンがかっている人もいます。ブラウンのまつげに真っ黒な色のエクステを付けても、見た目が格好悪くなってしまいます。そこで新しいタイプのエクステは、微妙な色の違いがあって毛の固さなども微妙に違う物が出ています。長さや太さも色々とあり、自分の毛の太さに合わせて買う事が出来ます。細くて短い人が、太いまつげを買って付けている事もあります。このまつげのエクステで肝心な部分が、長さです。大抵の人は、まつ毛を長くして魅力的な目になりたいと思っている人が大半です。

そこで、多くのエクステにも数mm単位で長く出来るように長さが色々あります。長いだけではなく、その毛のカールの角度なども微妙に違いがあるのです。近頃は、その長さから太さなどを自分で選んでオーダー出来るようになりました。エクステの知識が豊富な専門の人が、目の大きさから提案を聞き入れながら丁寧に作ってくれます。まつげエクステを綺麗に取り付けてくれるサロンもありますし、付け方からエクステのケアもカウンセリングまでしてくれます。まつげのエクステをしてくれるそのサロンを、検索出来るサイトもあります。そのサイトでは、サロンでお得になるクーポンまであります。ダウンロードしてサロンへ持って行けば、かなりお得な料金で利用出来て便利です。まつげエクステを学べるスクールもあり、人気があります。ネイルなども学べて、腕の良い人材を育ててくれます。

シャンデリアの部屋で、快適に学べます。そのまつげのエクステは、本数を変えてお好みの量で付ける事が出来ます。サロンでは、自分が好きな本数を選んだり、120本や100本という本数によってつけ放題で保証も付いて付ける事が出来ます。ラメが入っている物もあり、目元がキラキラとして輝いて美しい目元になれます。ケアも込みで、12600円ほどで付けてくれます。2520円で30本を付けられる、お試しコースもあります。まずは体験してみてから、自分に合ったデザインや太さを選ぶのがコツです。お手入れの仕方によって、そのまつげのエクステが長持ちをする事があります。水に濡れても取れてしまう事が少なく、プールや洗顔で塗らしても外れるという事がほとんど無いです。顔を洗った後には、目を閉じてからドライヤーの冷風を軽く当てます。下から10秒ほど当てるのがポイントで、水気を飛ばして接着剤を乾かすのがコツです。まつげ用のコームなどで形を整えてあげます。このちょっとした手間によって、まつげのエクステが美しくキープ出来るコツなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*